COLUMNコラム

2019/04/15調査報告

「キャッシュレス決済の利用実態と今後の拡大」 に関する調査結果

日本政府は2025年までに、キャッシュレス比率40%を目標値として掲げ、利用者を増やすための施策を打ち出している。

また、企業側の動きとして、スマホ決済サービスにIT、小売、銀行、携帯電話会社など様々な業種が参入し、2018年後半からは大規模キャンペーンなどのプロモーション活動が活発に行われるなど、“スマホ決済”関連のニュースを見ない日はないといってよいほどの盛り上がりを見せている。

一方、政府や企業が主導となって進めている印象が強い“キャッシュレス化”ではあるが、どの程度利用されているのだろうか。

本調査は、現在のキャッシュレス決済の利用状況を把握すること、そして今後拡大していくのかを確認するとともに、キャッシュレス決済利用者が“お金”への意識や行動に変化が見られたかを明らかにすることで、日本のキャッシュレス化促進に資することを目的として実施した。

調査レポート(PDF)

本資料・データの使⽤・掲載について
本資料・データを使⽤・掲載される際には、必ず下記の出典を明記してください。
「キャッシュレス決済の利用実態と今後の拡大」に関する調査結果(紀尾井町戦略研究所)

コラム一覧へ